忍者ブログ
書きたいことを書きたいときに、いろいろと。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
aka15

久しぶりに登場の彼が今回の主人公になります。

誰なのかわかる方がいたら当日教えてください!

何かプレゼントを用意しようかな。

表紙をいただいたので、あとは本文だ。

今年は年末進行に巻き込まれないですみそう(たぶん)
PR
受かりました!

コミックマーケット79 12月29日(水) 「張子ノ虎」 東5 ノ-14a

劉秀くんの赤き龍、楊家将演義、ともに新刊を予定しています。

既刊の在庫切れがぼちぼち出ているので、

今回増刷したいと思っています。

で、すみません。

赤き龍の総集編1、2、楊家将の総集編は、次回以降になります。


今回の冬コミ、なんと! 歴史は1日目です。

コミケにサークル参加して8年になりますが、

1日目は初めてですよ。

だいたい2日目で、たまに3日目。

いつも来ていただいてるみなさんは来ていただけるかなぁ、

ちょっと心配。

でも、うちは1回買い逃しても、次のコミケで買えますからね。

今回予定が合わないという方もご安心ください。

はじめてうちのサークルに来てくれる方もいてくれるといいなぁ。

まだちょっと先ですけど、やっぱ、コミケはテンションあがりますね。
夏コミ、受かりました。

8月15日(日) 東 Y-33a 「張子ノ虎」

光武帝、楊家将演義とも新刊を出す予定です。

詳細は、もうちょっとお待ちください。
世界の傑作機「ヤコヴレフ戦闘機」の
「スターリングラードに散ったユリ」の記事で…

リリーが乗機に白いユリを描き、ユリをバラと間違えたドイツ側から
「スターリングラードの白バラ」と呼ばれたことを

「作り話」としています。

私は作家であり、エンターティナーなので、そうは思ってません。

「バラじゃないユリだ」という批判もありますが、

うちのリリーの乗機には、エレーナがユリの花を描いています。

リリーの乗機に書かれたユリの写真が1枚も残っていないのはなぜか…

私なりの答えとして、エレーナがユリの花を描いているのです。

このエピソードがどう展開するのかは、いずれ。

この記事でありがたかったのが、
リリーが第296戦闘機連隊に配属されるまでが詳しかったことです。

さらに、
「ソ連女性航空連隊の動きを克明な調査によりまとめた本」
「全体像を把握するにはこの本が一番いい」と、

レイナ・ペニントン著「WINGS,WOMEN、&WAR」か紹介されてます。

いずれ和訳されてほしい…などと
悠長に構えていてはいかん!と原書を購入。

火山の影響で航51XjVY81DvL__SS500_.jpg空便の到着が遅くなったけど無事に到着しました。










辞書を引きながらなので、少しずつなのですが、読んでます。

当時の写真が豊富であることに驚きました。

これまで見たことのないリリーの写真だけじゃなく、
マリナ、アレクセイの写真までありました。
100429_111417.jpg







やっぱり、日本での発売が待たれる本ですね。
どこかの出版社さん、動いてくれないかな。

前回の記事が4月1日でしたが、エイプリルフールネタではありません。
でも、エイプリルフールっぽくなってしまったかも。

というのも、文林堂の世界の傑作機シリーズに、
リリーの愛機「WWⅡヤコヴレフ戦闘機」が加わりました。
6588512a.jpg









しかも、発売は先月。
リリーと同じタイミングは嬉しいですね。

時代の風はリリーに吹いている!?(といいなぁ)

スターリングラードに散ったユリ -女性エースにまつわり風説-

この中で「出撃!魔女飛行隊」の間違いを指摘、
資料にもとずいた、リリーの実像が解説されています。

いくつか指摘があるのですが、

ブルース・マイルズがヤコヴレフに複座式がないと
思い違いをしている部分は小説ではエンゲルス基地内には
単座だけが配置されていたという設定にしてたりします。
(本編ではアレクセイがさらっと言ってます)

あと、リリーがアレクセイに対しての思いを綴った手紙も紹介されていて、
うちのリリー通じるものがあるんじゃないかと思いました。

ものすごく創作意欲をかきたてられる1冊です。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
千田 誠行
性別:
男性
職業:
エンターテイメント作家
自己紹介:
-飛ばない豚は、ただの売れない売れない作家だ-
ブログ内検索
忍者ブログ * [PR]