忍者ブログ
書きたいことを書きたいときに、いろいろと。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年最初のお仕事の締め切り前日

パソコンが壊れました。

ぎゃー!

windowsが立ち上がらず、
前の日から書いてた原稿が…。

先方に電話で謝って1日締め切り待ってもらい、
書きかけの原稿はリテイクだったと頭を切り替えて作業再開。

翌々日の午後イチには送れたので、ひと安心。


でも、去年から準備中の小説が…!

ぎゃー!

全部消えたら、頭切り替えられねぇ…。

全面書き直しかと思ったんですが、
ショップでHDからデータを吸い出してもらうことができ、
最悪のケースは防げました。


仕事では原稿を書いて送るだけなので、
高いスペックを必要としなかったり、
慣れたキーボードを手放したくないってのもあって、使い続けて6年目

補償も切れてるし、次の締め切りもあるし、
思い切って新しいマシンを導入しました。

前のノートPCは
放熱ファンが下についていて熱が逃げず、
熱で何度も落ちたあげく、
一度修理に出したら、
「途中で何度も強制終了してるから、HDに不良個所が出てて、
 このままじゃ壊れますよ」とか報告してきました。

もともと、おまえのとこの設計ミスだろうがー!

シ○ープはもう買わない。

東芝のダイナブック春モデルを購入。
今度は安定するといいなぁ。

そんなわけで、この時期に更新となりました。

冬コミあけてから1ヵ月近くになってしまいましたが、
今回お誕生日席だったこともあり、
たくさんの方に来ていただけました。
ありがとうございます。

初めて来ていただけた方も多く
「赤き龍」の総集編1の在庫がなくなりました。

次のイベントまで増刷します。

それから、はじめて、知り合い以外の方から差し入れをいただきました。

いつも新刊を買いにきていただいてる方で、
このブログも読んでいただいくれているそうです。

ありがとうございました。おいしくいただきました。

すみません、あまりに舞い上がって、
お名前お伺いするの忘れてしまいました。

もし、次回も来ていただけましたら、声をかけていただけると嬉しいです。

この次は、兄を死に追い詰めた李軼が登場です。

劉秀の度量の深さは書いてきました。
でも、これまでとはちょっと違った顔が見えると思います。

楊家将は総集編にまとめようと企画してます。

だいたい主要人物出てきたよね……はっ、八娘ねーさんがまだだった。
PR

コミックマーケット75 12月30日(火) 西館 う-18b 「張子ノ虎」

それぞれシリーズ最新刊の予定です。
他にも特別企画を計画中。

ryu11.jpg 赤き龍の舞う空へ 11
王郎を倒した劉秀のもとに、更始帝から都へ帰還せよとの勅命が下る。
悩む劉秀の前に現われたのは耿弇だった。

「北方における我が道案内」と信頼を寄せた耿弇の言葉に、
劉秀はついに独立を決意。

銅馬賊の討伐で、思わぬ敗戦となり、劉秀に従うのは耿弇ただひとり。
馬を失い、追っ手が迫る中、耿弇は劉秀の手を取り崖から身を投げる…。

常勝将軍・耿弇、最大の危機。


you07.JPG楊家将演義「女神の兵法書」
お婆さま・余太君までが遼との戦いに出撃したと知った宗保は
いてもたってもいられなくなり無佞府を飛び出す。

途中、深い霧に遭い、道に迷っていると、
小さな女の子が現われる。

女の子は擎天聖母という女神だった。彼女の目的は……。

戦国乙女がフジの夕方のニュースの特集になってました。

BASARAで火がついた戦国武将ブーム。

今だったら「蒼天遥かに」も、なんだか行けそうな気がする。

あると思います。

book01.gif









時代先取りしすぎたかなぁ。
Amazonのマーケットプレイスでは400~500円で買えますので、
よかったら、どうぞ。

表紙と挿絵は木村明広先生に描いてもらいました。

11月13日に発売されるPSPの「不如帰乱」というゲームで、
木村先生が、政宗の父・伊達輝宗や
片倉(小十郎)景綱を描いてるのを見ました。

本編は主人公が政宗の敵というもあって、
輝宗や景綱は出番が少なく、挿絵に登場しなかったんですよね。

優しい表情の若い輝宗

長髪で爽やかな景綱

今、この2人を見ることができて嬉しいです。

公式サイトに景綱のイラストがあります。
www.irem.co.jp/official/hototogisu_ran/index.html
受かりました。

12月30日(火) 西 う-18b 「張子ノ虎」

今回、なんとお誕生日席に配置してもらえました。

いつもお買い上げいただいている、みなさんに感謝です。

新刊のほかに何か企画を考えています。

詳細はのちほど

いつもの売り子さんが別の用事で来れなかったので、
今回は僕がメインで販売をすることに。

 お昼過ぎからは差し入れを持ってきてくれたsnowさんに
 お話相手になってもらいました。

僕がスペースにいると売れないというジンクスがあって、
どうなることかと思ったんですが…

朝イチで「光武帝好きなので、がんばってください」と
新刊を買いに来てくれた方がいらっしゃって嬉しかったです。

実は、皇帝に即位したら終わりにしようかなぁと思ってました。
でも、勇気付けられました。中国統一まで書きます!


本を売るのって、すごい下手なんですよね。

「手にとってご覧ください」
「ごゆっくりご覧ください」と、声をかけられればいいんですが。

僕が声をかけると、お客さんが引いていっちゃうんですよね…

うーん、どこがいけないんだろう。

怖くないですよ?

見た目こんなんですが、噛み付きませんよ?


次第に自分の中で
「僕が声をかけちゃダメだ」というルールができました。


で、今回こんなことがありました。

「赤き龍」を読んでいただいている方で、
「どこまで買ったかわからない」という方がいらっしゃいました。
一緒に来ていたお友だちは「全部買っちゃえばいいよ」と。

結局、わからず、買わずに帰られたんですが…

あらすじや登場人物を解説して、ご案内すべきでした。

ごめんなさい。

こんな大事なこと抜けてて…。

帰り道も気になってたし、家に帰っても反省しきりです。

もし今回の件に懲りず、また来てくださったときには、
丁寧に内容を説明させていだだきます。

やっぱり、初心に帰って声をかけなきゃいけないよね。
コミケなんだし。

出たがりだけど、小心者で、シャイな性格なんです。

本当だってば。

次回は、なけなしの勇気を総動員しよう。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
千田 誠行
性別:
男性
職業:
エンターテイメント作家
自己紹介:
-飛ばない豚は、ただの売れない売れない作家だ-
ブログ内検索
忍者ブログ * [PR]