忍者ブログ
書きたいことを書きたいときに、いろいろと。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

リリーをはじめて知ったのは6年前

7andy_31148536.jpg



 剣の乙女(新紀元社)






実在、神話、創作含めて戦う女性を集めた解説本。
ネタになればいいなとタイトルに魅かれて購入。
誰が載ってるのかなとパラパラとめくっていて、
手が止まったのがリリーでした。

挿絵含めて10ページに書かれたリリーの生涯は
あまりにも衝撃的でした。


もっとリリーのことが知りたいと、
剣の乙女の参考文献を追っていて見つけたのが…
4059012467.jpg



 出撃!魔女飛行隊(学研M文庫)






女子飛行機連隊に参加したパイロットたちへのインタビューをもとに
彼女たちがどんな運命をたどっていったのかが書かれています。

女子飛行機連隊を知るのに、基本となる文献です。

イーナの証言も載っているので、胸にずしっとくるものがあります。

1983年に朝日ソノラマから出ていたんですが絶版になっていて、
古本で手に入れるまで、国会図書館で複写してもらったのを読んでました。

去年の9月に学研M文庫より再販されて手に入りやすくなってます。

 

こちらもリリーが載ってます。
NEOBK-101255.jpg



第二次大戦航空史話(中) 中公文庫






空戦のエピソード集のひとつとして、リリーが書かれています。
短いながらも、リリーのことがうまくまとまっています。
写真資料も豊富です。



リリーが載っている部分は少ないですが、

「第二次世界大戦の航空機隊エース1939~1945」 大日本絵画

「ソビエト航空戦」 光文社NF文庫

…にも書かれています。


リリー、女子飛行機連隊について、もっと知りたいというときの参考にしてください。

PR


「天空のリリー」を紹介していただきました。

しかも、このブログにリンクも貼ってもらって、

ありがとうございます。

いつも見ているブログさんなので嬉しいです。

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51003669.html


レビューをブログにあげていただいている方も

いらっしゃって、ありがたいです。

率直な感想はどれも、執筆の励みになります。


近所の書店ではリリーなくなってました。

アキバには近々足を運ぼうと思ってます。

img_75804142.jpg









3月20日に「天空のリリー」発売を迎えました

数年前「天空の白い薔薇」という同人誌でリリーを書いたことがありました。

一時、個人サイトにも掲載していましたので(現在休止中)

もしかしたら、ご存じの方もいらっしゃるかも。

モデルになったリディア・リトヴァグは

スターリングラードの白い薔薇と呼ばれたエースパイロットです。

愛機に白い薔薇のパーソナルマークを描いていたからとも、

ユリを描いていたのにドイツ軍が薔薇と誤認したとも言われています。


プロット(企画書)の段階では、タイトルは「天空の白いバラ(仮)」でした。

今回はエンゲルス空軍基地での訓練が中心になっています。

白薔薇のエピソードまでは届きそうにないので…。

なにより、タイトルにリリーの名前があった方が、

より多くの人にリリーを知ってもらえますからね。

一迅社文庫さんより、3月20日に「天空のリリー」が発売になります。

http://www.ichijinsha.co.jp/novel/

1941年6月――
ソビエト連邦は不可侵条約を締結していたドイツ軍の侵攻を受ける。

壊滅的な打撃を受けた空軍では、
女子飛行機連隊の創設が進められた。

空に憧れ、空を愛する、リリー・リトヴァグは連隊に志願、
仲間やライバルたちと戦闘機のパイロットを目指す。

ジャンルは「空戦×歴史ファンタジー」

実在した女子飛行機連隊を舞台に、
私なりのリリーを書きました。

まさはるさんが、リリーをはじめ女の子たちを素敵に描いてくれています。

本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってくださいね。

更新遅くなりました、冬コミの新刊情報です。

コミックマーケット77

12月30日(水) 西館 き-25a 「張子ノ虎」

赤き龍の舞う空へ 13巻
ryu13.jpg









巻を重ねること13、ついに、劉秀も即位です。

皇帝になりたくない劉秀を、功臣たちが必死の説得。
頼りになる鄧禹、馮異、寇恂は不在。
悩める劉秀に郭聖通は…?


楊家将演義 天門陣-黄瓊女悲恋-
youka-ten.jpg









楊家将と遼国の最終決戦、天門陣開幕
先陣を任された宗保と桂英、最初の陣を守る黄瓊女は六郎の婚約者だった。

桂英が1巻以来、ひさしぶりに表紙に登場です。

現在も鋭意制作中です(笑)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
千田 誠行
性別:
男性
職業:
エンターテイメント作家
自己紹介:
-飛ばない豚は、ただの売れない売れない作家だ-
ブログ内検索
忍者ブログ * [PR]