忍者ブログ
書きたいことを書きたいときに、いろいろと。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回ペーパーを作る余力がなくてダウンしてしまったため、
ブログの方で新刊のあとかぎなどを。

赤き龍の舞う空へ 10巻

 邯鄲が落ちました。ついに王郎討伐。
 いやぁ、長かったなぁ。河北に来たのは5巻、
 あしかけ3年かかりました。

 劉秀が邯鄲城にあった書簡に手をつけず
 燃やしてしまう場面があります。

 三国志、官渡の戦いで、曹操が同じことをしてます。

 曹操が光武帝の業績を知らないはずはないので、
 きっと彼なりに学んで実行したのでしょう。

 「投降した者を安心させるため」の手段ですが、
 うちの劉秀なら、どんな思いでやったんだろう…。
 それを書いていたら、うちの劉秀と鄧禹らしさが見えてきました。

 10巻にして、やっとキャラが固まったよ(笑)

 久しぶりに、郭聖通が出ています。
 これから始まる、麗華との女の戦いの序章って感じですかね。

 河北平定しても、劉秀君の戦いは終わりません。
 これから各地で皇帝を名乗る者が続出します。

 右も左も皇帝ばっかり!


楊家将演義 復活の義兄弟

 原作のエピソードの順番を無視して、
 書いているうちの「楊家将演義」

 だって、最初から書いていたら
 女性武将の出番がないんだもん。

 楊家将の6本目ということで、
 年表っていうか、エピソード表を作ってみました。
 六郎時代のものなので、まだまだ続きますよ。

 このエピソードを選んだのは、
 六郎が守っている宋王朝の実情と、
 六郎、孟良、焦賛の義兄弟がどんな出会いをしたのか、
 そのあたりを描きたいなと思ったからです。

 皇帝が情けなくて、寧臣により危機に陥れられるのは、
 「水滸伝」「岳飛伝」にも通じるところがありますよね。
 それでも忠誠心が揺るがないのが六郎の魅力。
 まぁ、こっちは冷や冷やさせられるんですが(笑)

 七娘を出したのは、女性武将が出て来ないから。
 うちの楊家将は華がないとね。
 この子の見せ場は、夫の敵討ちかな。
 その話はまた別の機会に。

 俳風を出したのは「打焦賛」への伏線、
 ラストは「木閣塞の娘」への伏線です。

 通して読んでいただいてる方、喜んでもらえました?

PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
千田 誠行
性別:
男性
職業:
エンターテイメント作家
自己紹介:
-飛ばない豚は、ただの売れない売れない作家だ-
ブログ内検索
忍者ブログ * [PR]